会 長 方 針  【2018~2019年度】

kusanag
     
「ロータリーを楽しもう」


2019-20年度 マーク・ダニエル・マロー二―会長は、「ロータリーは世界をつなぐ」(ROTARY CONNECTS THE WORLD)とのテーマを掲げました。
マローニー会長は、ロータリーでの経験の中核にあるのは「つながり」(CONNECTION)であると強調しました。まさに、CONNECTION(つながり・結びつき・関係)こそがロータリーの力の源であります。マロー二―会長は、会員増強によるつながりの拡大、家族をかかわらせることによるつながりの増大、世界や地域社会との連携によるつながりの拡がりの重要性について強調しています。
また、2019-20年度RI第2780地区 杉岡 芳樹ガバナーは、「一クラブ一プロジェクト」を提唱しています。まさに、「奉仕」の理想を実践することはロータリーの基本理念であります。相模原西ロータリークラブ(以下、西クラブ)は、これまで多くの奉仕プロジェクトを実践し、成果をあげてきました。今年度は、地区補助金を得て「『あおぞら共和国』桜の植樹と花壇造り」プロジェクトがあります。それらの実践を含めて、五大奉仕部門のすべてにおいて全ての会員が奉仕活動に参加し、実践しようではありませんか。奉仕活動をとうしての達成感、満足感、そして感動の充足はロータリアンとしての誇りでもあります。
そして、もう一つのロータリーの基本理念は「親睦」であります。西クラブは、これまで親睦に力を注いできました。その伝統を継承し、さらに充実したものとして会員相互の結束力、友好を深めていきたいと思います。すべての会員が奉仕と親睦をとうして「ロータリーを楽しもう」を提唱します。
また、今年度は西クラブがIM(イントラ―シティ・ミーティング)を担当することになります。第2780地区の第5グループは非常に大きな組織です。そこでのIMの開催には、西クラブの総力をあげて実施する必要があります。更に、次年度には西クラブ創立40周年記念事業が控えています。これらの大きな事業を成功させるには、他クラブの協力を得ることはもとより、西クラブすべての会員の参加・協力がなくてはなりません。
最後に、西クラブの伝統や業績を汚さぬよう、西クラブのすべての会員とともに「ロータリーを楽しもう」と思います。

2019-2020年度

相模原西ロータリークラブ会長

草薙 喜義